2017/02/20 16:27

 

  

 

美味しいのは当たり前。

 

 

美味しいのは当たり前。

 

 

美味しいだけじゃない、身体のことも、自然のことも考えて栽培した無農薬・無化学肥料栽培「屋久島たんかん」

 

 

 

たんかんとは・・・

ポンカンとネーブルオレンジの自然交雑で出来た柑橘です。
南国のみかんと言われ、主に屋久島、奄美大島、沖縄などで栽培されています。
旬は2月〜3月中旬で丸くて鮮やかな柑橘色になります。風味はオレンジに似ていますが、オレンジよりも甘みがあり果汁がたっぷり詰まっっているが特徴です。
柑橘系の果物の中では一番糖度が高く、みかんの2倍のビタミンCが含まれています。
一度食べるとやみつきになり止まらなくなること間違いなし!
栽培地域が限られているため、関東、東北圏では知らない方も多い貴重なフルーツの一つです。

 

 

 

 

 

「栽培のきっかけは・・・安心なものが買えない現実」

 

 

僕は以前、漢方薬局って働いていました。

そこで、

目の当たりにしたのは

 

「農薬や、化学肥料によりアレルギーや体調を崩す方が増えている」

「自然(オーガニック)のものを買うことが難しい現実」

「自然の味がなくなっている」

「栄養がなくなっている野菜や果物」

 

そして、感じたこと。

 

「もっと安心して、美味しいものを食べてもうには?」

「自然のおいしさを伝えるには?」

 

「自分で作るしかない!」

 

そんな思いで、毎日自然に感謝して、そして、安心して皆様に美味しいたんかんを食べてもらえるよう育てました。

 

 

 

 

 

やくしま自然ファームのテーマは「安心・安全・美味しい」です。

 

草刈り、虫取り、声かけ(木に話しかけています)、剪定、収穫、すべて人の手で一年間手間暇かけて心を込めて育てています。

そして、世界自然遺産「屋久島」

暖かい黒潮の海風と山々から吹き下ろされる冷たい風が寒暖差をうみ、甘みの中に程よい酸味を備えたジューシーなたんかんを生み出します。

 

 

 お客様からは、

 

『アレルギーで農薬に反応してしまう我が子でも食べられるから安心です』

『 無農薬だから皮までジャムにして食べられるから嬉しいです』

『味が濃くてジューシーで毎年この時期を楽しみにしてます』

 

などたくさんの喜びの声を頂いています。

 

 

これからも、たくさんの人に

・農薬・化学肥料を使わなくてもこんなに美味しいたんかんが食べられる!

・食べれば元気に健康になれる

・美味しくて笑顔になる

 

 

そんな喜びがみんなに広がっていくような輪が広がっていくことを願っています。

 

 

 

皆さまもぜひやくしま自然ファームの

 

無農薬・無化学肥料栽培

「屋久島たんかん」

 

ぜひ一度、食べてみませんか?